■ 設計業務の流れ(一般的な住宅の例)

① 事前相談

面談

  • 電話・メールなどによるお問い合わせ後、面談によるご相談
  • 敷地が決まっていない場合は、土地探しのお手伝い

*ご相談は基本的には無料です。  
ただし、遠方の場合は交通諸経費が発生する場合があります。

 

② 企画立案(1~3ヶ月)

プランニング依頼

  • 敷地確定後、プランニングの依頼
  • 敷地の簡易調査の上、ご要望を伺いプランニング

*複雑なご相談内容の場合や遠方の場合、調査費や交通費が発生する場合があります。

企画立案

  • 図面・模型などを使ってプラン・基本コンセプトのご提案(プレゼン)と設計監理料お見積書の提出

*1回のご提案料として5万円(消費税別途)お支払いいただきます。

設計監理業務委託契約(設計契約)

  • 企画案の合意に達したら設計監理業務委託契約

*設計契約後、設計監理料のうち20%をお支払いいただきます。

 

③ 基本設計(1~2ヶ月)

基本計画

  • 企画案をもとに基本計画(平面・立面・断面・仕上げ等)

*基本設計完了後、設計監理料のうち20%をお支払いいただきます。

 

④ 実施設計(1〜2ヶ月)

実施設計

  • 基本計画に基づき、実施図面の作成(必要な場合は構造計算)

*実施設計完了後、設計監理料のうち30%をお支払いいただきます。

 

⑤見積・見積調整(1~2ヶ月)

見積依頼

  • 工事施工会社を選定(指名・入札)し、現場説明の上、見積依頼

見積調整

  • 工事見積書の査定(予算超過の場合、施工会社との金額調整・設計内容の変更)

工事施工会社の確定・工事契約

  • 工事金額の確定
  • 工事施工会社の決定
  • 工事請負契約

申請業務

  • 建築確認申請

*申請手続き後、建築確認申請業務費用10万円をお支払いいただきます。

 

⑥工事監理(4~6ヶ月)

着工

  • 定期的な打ち合わせ
  • 設計図書通りに施工されているか現場をチェック
  • 工事工程の監理
  • 施工図面作成
  • 必要に応じて、行政庁・指定検査機関などの中間検査立会い

完了検査・竣工検査

  • 行政庁・指定検査機関などの完了検査立会い
  • 施主立会いのもと竣工検査の上、手直し工事の指示

お引渡し

  • 手直し工事の確認後、お引渡し
  • 工事完了済証の提出

*お引渡し後、設計監理料のうち残りの30%をお支払いいただきます。

 

アフターメンテナンス
  • お引渡し後、1年経過後、施工会社と共に1年点検

*それ以外でも随時ご相談ください。

*新たな追加設計業務が発生した場合は、ご相談により設計料を決定させていただきます。

 

 

■ 設計監理料(消費税別途)

構造・規模・用途・設計難易度により異なりますが、目安としては下記をご参照ください。

一般的な新築住宅:工事費の8~10%、または5~7万円/坪+外構デザイン費

住宅以外やリフォームなどは異なります。
内容によりご相談させていただいていますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

■ 設計監理料以外の費用(必要な場合)

建築確認申請業務       10万円(消費税別途)
建築確認申請手数料      証紙代
所轄官庁必要申請業務     実費
構造計算           実費
遠方の場合の交通宿泊費    実費

 

ページのトップへ